地震から家や命を守るために|液状化対策をプロに頼もう

地震から財産と命を守る為

震度計

液状化現象がおきやすい場所などは市町村が配布しているハザードマップでも確認する事が可能です。自分が住んでいる場所の危険度が高い場合は、液状化対策が必要かを判断する為に一度、専門業者に調査依頼すると良いでしょう。自治体によっては、費用の一部を負担してくれる制度を設けている所もあります。

詳しく見る

重機

安全のための対策を

地下2〜3メートルの浅い部分に砂地盤がある場合、液状化が発生してしまう確率が高いと言われています。その為、地盤調査をして、液状化の可能性について調べておくと安心でしょう。液状化対策としては、砕石パイルを使う方法や杭を打ち込むなどの方法があるので業者と相談して決定しましょう。

詳しく見る

工事

地盤の強度が重要です

住宅建築に際して、液状化対策の検討も大切です。特に、埋立地にように水に関係のある土地の場合には、地盤の強度が弱い傾向にありますので、しっかりとした地盤調査を行って、地盤の改良を検討する必要があります。

詳しく見る

作業員

方法とメリットを理解する

液状化現象によって建物が倒壊したり、水の噴出が起こったりします。そうしたことを回避するためには液状化対策が必要です。具体的には管から砂や土を注入して地盤の強化や、建物と地盤に柱を通すことで建物自体の安定性を確保する方法があります。

詳しく見る

男の人

生活や住宅を守るため

地震で液状化が発生すると、地面から水が出てきたり、建物が傾いたりすることがあります。これを防ぐためには、液状化対策をすることが大事です。地盤に砂を入れて固め、水が出てこないように防ぐのです。またセメントで固めれば、地盤はより強固になります。液状化対策をすれば、住宅の倒壊も防がれやすくなります。

詳しく見る

地盤が沈まないために

男性と女性

液状化の仕組みと対策

液状化の仕組み日本は災害を受けやすい国と言われています。それは、地震や台風、火山など様々な自然の影響を受けやすい風土だからです。よって、被害にあわないためにも万全な対策は必要ですが、その対策の1つとして、地震の影響による建物の液状化対策も必要になってきます。液状化の仕組みとしては、通常は砂粒どうしが接触していることで、地盤は強度を保っています。しかし、地震発生により、その地盤が変形して水を押し出す力が働き、隙間の水圧が高くなることで、砂粒どうしが強度を失うことで、泥水のような状態になります。地震後は、その泥水が沈降し、地盤が沈下してしまうという仕組みです。液状化が起こりやすい地盤液状化対策として最も大事なことは、建物を建てる際に液状化が起こらないような場所に建物を建てることが基本です。液状化が起こりやすい地盤とは、河川や海の近くです。また、昔は水田に利用されていた土地なども液状化が起こりやすい場所なので、そのような場所を避けて建てることが大事です。調査の結果により液状化が起きやすいことが判明した場合基本的に建物を建てる際は地盤調査を行いますが、その結果、液状化が起きやすい場所だと判明した場合は、地盤や建物に液状化対策を施すこともできます。地盤への対策については、地盤の砂粒密度を高くして地盤を固める方法や地盤を固化する方法があります。また、地下水が流れている場合などは、井戸を掘って地盤から水を抜くこともできます。建物自体への液状化対策は、地盤に杭を打ち込む方法があります。

Copyright© 2017 地震から家や命を守るために|液状化対策をプロに頼もう All Rights Reserved.